旅行

【実録】お伊勢参りなら「伊勢神宮参拝キップ」がだんぜんお得説!

伊勢神宮

三重県にある伊勢神宮。関西や東海から行くなら絶対におすすめ。なんと賢島までカバーしてます。関東からでも、名古屋から使えるので、ぜひ利用しましょう!

実に、行って来たのはもう1年半以上たってしまいましたが、このお得なキップは通年販売なので、行った記録の為に記事にしちゃいます(^^;)

『伊勢神宮参拝キップ』

伊勢神宮参拝キップ

こちらがキップになります。すごい量でしょ!一人分ですよ。

これで関西発 6,800円です。行きと帰の特急だけ先に指定席取っておきました。お安いでしょ。もちろん注意点あります。

  • 有効期限は3日間
  • 前売り限定・当日は買えません(インターネット販売は5日前まで)

この2点、絶対に注意してください。

以降、実際に行って来たルートです。1泊2日。京都から出発しました。すべて交通費は伊勢神宮参拝キップです。

伊勢神宮

豊受大神宮(外宮)

近鉄伊勢市駅から、豊受大神宮(外宮)までは徒歩すぐです。お土産屋さん眺めながらでも15分もあれば着いちゃいます。

悩ましいのは、荷物どうするか問題。私達はこの日、賢島に泊まるので、持ち歩くしかありません。でも大丈夫です。この写真にある伊勢市観光案内所は、外宮のすぐ前にあるのですが、荷物も預かってくれます。しかも300円とリーズナブルです。

この観光案内所は、次に向かう内宮へ行くバス停のすぐ横に位置していますので、めちゃめちゃ便利です。レンタサイクなんかも貸し出ししてましたよ。

外宮はこじんまりしていますので、30分ほどで参拝終了しました。先ほどの観光案内所の並びのお店でランチです。

生しらす丼です。1,200円。

私は釜揚げしらす丼1,000円です。しらす大好きなんですが、生しらすはちょっと苦手です。

外宮から内宮へ

外宮入口の目の前にバス停があります。バスもフリー切符に入っているので料金はかかりません。

荷物預けてあった観光案内所もすぐなので、荷物を取って、荷物と一緒に内宮行のバスに乗り込みました。

ほぼ2年前ですが、まだコロナもこれから時期。実は幻のGOTOキャンペーン中で、参拝の方けっこういらっしゃいました。

内宮のバスターミナルです。おトイレやコインロッカーも大きいのがありました。私達はターミナルの少し手前で降ろされたのですが、その前のお土産屋さんで荷物預かりがあったので利用しました。でも、次の移動がバスなので、このターミナルのコインロッカーに預けたほうが良かったかなと思いました。

皇大神宮(内宮)

こちら有名な宇治橋です。内宮へお参りします。

広い参道です。日陰なので、暑い日はいいですね。私が行ったのは12月上旬です。京都は少し紅葉が残っていましたが、伊勢神宮はほどんど紅葉は無いようです。

神社のお社は実にさっぱりしてます。入場料も無いので、シンプルでいいですが、少し物足りなさを感じてしまいます。

おかげ横丁

でも、そんなシンプルな伊勢神宮には、お楽しみの「おかげ横丁」があります。

ふくすけの伊勢うどん、めちゃめちゃ楽しみにしてました。

20年ほど前、三重出身の友達と一度来た事があります。とっても美味しくて、衝撃でした。また食べられて幸せです。

ねこさん、ところどころにありました。かわいい!

赤福

伊勢神宮と言えば赤福です。本店があります。

いつも並んでます。でもせっかく来たからと、また並んでしまいました。

もうひとつのめあては赤福氷だったのですが、冬なので赤福ぜんざいでした。こちらは、おかげ横丁のお店で食べられました。

ねこちゃんいいです。

都リゾート・志摩ベイサイドテラス

宿泊は、志摩ベイサイドテラスです。『伊勢神宮参拝キップ』の中に、伊勢神宮から、賢島方面のホテルに送迎してくれる、パールシャトルバスが片道だけですが付いています。

せっかくなので、バスが停まるホテルを予約しました。この頃、あの幻のGOTOキャンペーン真っ最中で、とってもお得に泊まる事が出来たのです。

エントランス素敵です。

プールも素敵です。

温泉ではないので、大浴場は無いのですが、お部屋のお風呂素敵です。

お部屋には名前にもなっていますけど、テラスが付いています。英虞湾(あごわん)の夕日がキレイです。

朝食はルームサービスに替えられたので、素敵な朝食を頂きました。

ただ、ひとつ残念だったのが、夕食時にゴルフが目的であろう、サラリーマン風の4人組とテーブルが隣でした。すごくアルコールを飲んでらして、かなり大きな声で終始話されてました。コロナが気になる時期であったので、ハッキリ言って不快でした。ホテルの方も何も言われてなくて、会員の方で言いづらいのかもしれません。事前に一言お願いしてくださるといいなって思いました。

夫婦岩

なんと、『伊勢神宮参拝キップ』は、二見浦もカバーしています。近鉄とバスを乗り継いで行きました。

近鉄志摩線・賢島駅~鳥羽駅まで特急で行き、鳥羽バスターミナルからCANばすに乗り換え、夫婦岩東口・伊勢シーパラダイス前で下車すぐです。

このルートで行けば、すべて『伊勢神宮参拝キップ』に含まれていますので、別料金はかかりません。バスは本数が少ないので、時刻表は絶対にチェック。そして混んでいるので座れない覚悟は必要です。

私は、夫婦岩を堪能したあと、またそのCANばすで、内宮に向かい、おかげ横丁ともうひとつの楽しい参道、おはらい町通りを堪能しました。

2日目の内宮を目一杯たのしみ、『伊勢神宮参拝キップ』のバスフリー乗車券で伊勢市駅へ向かい、帰路につきました。

お土産

はい、大好き観光手ぬぐいです。

「伊勢参拝記念」っていいでしょ~。けっこう探すの大変だったんです。長くお土産屋さんやってらっしゃるお店がねらい目です。

「なにごとのおはしますか知らねども かたじけなさに涙こぼるる」

西行(さいぎょう)というお坊さんが、伊勢神宮に参拝された時に詠んだ歌だそうです。

《どなた様がいらっしゃるのかはわかりませんが、こうして生きているのが恐れ多くてただただ涙がこぼれます》

のような感じの事を詠まれていらしゃるようです。感動を心からの言葉にされて、スゴイ歌人のお坊様ですね。そんな素晴らしい短歌が入っている、素朴な観光手ぬぐいです。

まとめ

とってもお得!がわかっていただけたでしょうか?たまにはフリー切符で、あ~だこうだ組立てながら、旅を楽しむのもいいかもしれません。

おそらくずっと『伊勢神宮参拝キップ』は発売されてると思います。ネットでも購入可能です。コロナなんかに負けず、お得で楽しい旅行をこれからもどんどん行きましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。